年賀状デザインWEB

年賀状のハガキ種類・いろどり

格安で自由度高い年賀状印刷サービス・通信販売。縁なしフルカラー。
ハガキ持込みも可能。オフィスでも21時まで受付中。

年賀はがき印刷
はがき印刷、年賀状はがきの種類と特徴
年賀印刷ホーム > 年賀はがきの種類 > いろどり年賀はがき

年賀状の用紙(年賀はがき)の種類

年賀はがき「彩り年賀」

「彩り年賀・年賀はがき」、通称「いろどり」年賀はがきです。

日本に古くから伝わる色合いと、繊細で豊かな文化を楽しめる年賀はがきです。

特徴は、表裏ともに薄い色が付けれ、印刷面には和紙のような模様が入っています。色合いなどは年々改良され、毎年違いがあります。

カラーバリエーション

いろどりはカラーバリエーションに2種類用意され、「彩り(もも)」と「彩り(うぐいす)」があります。簡単に言えばピンクとグリーンです。これも年によって異なります。

数量限定の発売で、価格はどちらも52円(2018年用)。普通紙年賀はがきと同一価格です。また印刷面はインクジェット紙です。

いろどりは裏面(通信面)にも色が付いて薄い模様が入る紙質です。印刷していない状態でよく見ると、和紙のような模様も見えます。

紙事体はすごく綺麗ですが、印刷時にはプリンタの色調整が必要になります。赤が強くなったりグリーンが強くなったりと、きつい色合いなってしまいます。(2018版は色が薄く印刷後の仕上がりは差が小さい)。

以前は販売されるとすぐに売り切れていましたが、2017年現在は11月下旬でも買えます。コンビニでも残っている場合も多いです。

彩りをキレイに印刷する為には?

印刷の特徴はやはり、カラー用紙に印刷するという点につきます。無地の年賀はがきと比較すれば、多少のリスクがあります。

絵柄をしっかり選び、彩り年賀に合わせて色調整。これで失敗や後悔が少なくなると思います。

ピンク系のいろどりでは

具体的には、彩り(もも)はカラー用紙くらい強いピンク色をしています。そして和紙風の模様が入っています。これに合わせてキレイに印刷するためには、

  • 「1.ピンク系がメインカラーとなるデザインを選択する」
  • 「2.細かなチラチラが少なめなデザインを選択する」
  • 「3.印刷時にマゼンタの濃度を少し強めに調整する」

1は何となくですが、まず基本です。2は和紙風模様と合わさることでゴミのように見える事を避けるために。3は、逆のようにも思いますが、全体的な統一感がでて意外とこれが良いです。

緑系のいろどりでは

彩り(うぐいす)につきましては、そこまでグリーンが強くありません。薄めです。

しかし、なかなかうまくデザインとマッチさせて印刷できることができません。

年賀状らしくない仕上がりになってしまいます。寒々しい色合いになるというか、暗さが強いというか。どうしたらうまく印刷できるか?テストが出来ればテストを進めます。

彩り(もも)がお好みの方もご相談ください

弊社「年賀状デザインWEB」では、優しい色合いのピンク系デザインが多いこともあり、ピンクのいろどり年賀限定ですが、毎年少量(1000枚〜2000枚程度)の印刷をお任せ頂いております。

彩りという年賀はがきに合わせた印刷調整をしますので、お葉書お持ち込みでのご注文の場合は、多少多めのご用意をお願いしています。

 

年賀はがきの種類「親ページ」に戻る


年賀状デザインWEBで利用している年賀状はすべて、
郵便局で販売されているお年玉付き年賀はがきです。

インクジェット年賀ハガキまたは郵政光沢年賀ハガキ、普通紙年賀ハガキをデザインタイプに合わせて使用しております。

ご注文の流れ / 特徴一覧 / 割引一覧 / サイトマップ

このホームページに掲載のイラスト・写真・商標の無断転載はご遠慮ください。
Copyright (C) print design web "Okasanta". All Rights Reserved.